毛の仕組みを知って脱毛サロン!

今、女性から注目を集めている脱毛サロン。

 

毎日ムダ毛処理をするのは面倒だけど、要らなくなると今大人気の美しくなる術です。

 

でも、光脱毛をする前にみんなは自分に生えてる体毛の仕組みやその構造を理解しているでしょうか。

 

脱毛サロンに行く!その前に最初に体毛についての知識を知っているのはすごく大切です。

 

そのことを持っているかどうかでサロンに行ったときわからない!ってことも質問しやすくなります。

 

とはいえ、自分の体毛について知っててサロンを選んでいらっしゃる方はあんまりいないみたい…

 

そのようなわけで今からそれぞれの体に生えている体毛ってどんな仕組みなのか、どんな構造なのか話しましょう。

 

 

毛根のパーツについて

一番初めに私たちに生えている体毛の作りをまとめました。

 

皆様を悩ませてるムダ毛見える上部を「毛幹」、表皮より下にある部分の「毛根」と呼ぶんだよ。

 

さらに下、毛根の根元毛根部の一番下の球のところを毛球と呼び、先端には「毛乳頭」と呼ぶパーツがあります。

 

さらにその奥この部分には毛細血管を伝って栄養素などを吸い上げて体の毛を長くする役目があります。

 

だから、毛が伸びるには体毛の中の毛根、さらにいっちばん奥の毛球の毛乳頭が担っているのです。

 

以上、そういうわけでシェーバーなどで見えている毛幹のところだけを剃っても、毛乳頭の部分があったら毛は成長します。

 

そんでもって毛乳頭には「毛母細胞」と呼ばれるところが製造する役割を持っています。

 

だから、がんばって毛抜きを使って体毛を抜くことで毛乳頭を除去したとしても

 

毛母細胞の部分がのこっちゃうと毛乳頭がすぐに出来ちゃうのでここから毛が伸びてきます。

 

 

体毛が伸びる仕組みと速さについて

体の毛は成長して抜けてすこし間を置きまた生えてくるをぐるっとしています。

 

毛の成長期には毛細血管を伝って毛乳頭に向かい長くなるために必要な要素が届けられてきて毛母細胞と呼ばれるところまで行くんだ。

 

そこから毛母細胞の部分の細胞の分裂が頻繁におこり、毛球が製造されるのです。

 

同様の流れで次々と毛母細胞の部分がたくさん細胞分裂してきてついには毛としてお肌の外の見える所まで十分に長くなるのですね。

 

さらに、毛がどのくらいで伸びていくかは毛が生えている身体のパーツによって差異があります。

 

頭髪は長くなるスピードが速くて24時間で0.3mmほど成長します。

 

ついでに言えばワキに生えている予想より早く成長し1日で1/3mmほど伸びてきます。

 

他の部分で言うと眉毛・まつ毛になると伸びるスピードは24時間で1/10mmほどしか伸びません。

 

といったように纏めて毛と言っていてもその伸びる速さは差が出てきます。

 

 

毛の周期って何?

今度は先に記述した「毛周期」をちょっとだけじっくりと説明しましょう。

 

最初の所で伸びる、抜ける長くなるを繰り返すと書きました。

 

以上のように私たちの体の毛はお休み・伸長・退行と毛の生えるのに周期が3つ存在しています。

 

休止期の毛は肌の奥の見えないところで毛が長くなるための休んでいるときです。

 

成長期で成長するために必要な養分を吸ってぐんぐん成長します。

 

退行期になると毛乳頭とムダ毛が繋がる力が弱くなって抜けていく時期をいいます。

 

そういうわけなので、伸びる周期の毛を取り去っても肌の下のわからないところにその後生える毛があります。

 

だから、せっかく体毛を除去しても周期になると待っていた毛が長くなってくるんです。

 

さらには私たちが表に見える毛は全体の約3分の1でしかありません。その上さらに言うと毛のサイクルは体のパーツによっていろいろ変化してきます。

 

毛の中でかなり毛周期が長いのは頭の毛、つまり髪の毛で伸びる時は3〜4年ほどで、抜け落ちる時期になると特に何もしなくても落ちていきます。

 

しかも頭の毛は50本くらいが1日で落ちちゃうされています。その上顔と身体では顔の毛の方が短いと言われてます。

 

顔面の毛はほとんど2カ月程度で抜け落ちてボディ部分の毛が周期が4カ月程度と言われています。

 

そのため、体と顔、全身の毛を同時に脱毛しても、顔にある体毛の方が先に目立ちます。

 

 

毛が生えているわけ

ムダ毛とは呼んでいますがちゃーんとムダ毛にも道理にかなっている役割があるのです。

 

いくつかの役目についてご紹介したいと思います。

 

人に生えている体毛には、1.皮膚の保護機能2.保温・断熱機能3.感覚機能4.紫外線防止機能以上のように役割が4つあります。

 

まず、皮膚の保護機能
物がぶつかることから保護してくれることを言うんだ。

 

具体例を上げると毛髪は頭、脇は腋毛がこすれちゃうのを防いでくれるってこと。

 

次に、保温・断熱機能です。
これは、寒気から体温の低下を防ぎ、また反対に日光からの暑さをしのぐ役割をするための役目のことをいいます。

 

さらに、感覚機能です。
わずかに感覚は体毛にもあるんだ。

 

毛がばくなると触覚が少しではありますが弱まってしまうと報告もあります。

 

最後に、紫外線防止機能です。
体の毛には太陽から降り注ぐ紫外線を防いでくれる役目を持っています。

 

のようにムダ毛と呼んでても役目があります。

 

 

ここまでのまとめ

いかがでしたか?

 

毛の構造やムダ毛の周期についてわかっていただけましたか?

 

体毛の仕組みを知ることができれば、光をつかった脱毛がどのようなものでどのくらい通えばいいか

 

理解しやすくなって脱毛サロン選びに大きな助けになること間違いナシです!

関連ページ

自己処理の限界!サロンが選ばれるなぜ?
自己処理の限界!サロンが選ばれるなぜ?いま流行りの脱毛サロンは費用が掛かるなどのデメリットがありますが、自己処理が不要・肌自体もキレイになる・美的意識が強くなるなど多くのメリットもあります。デメリットに比べメリットの方が大きいので、これからサロンで施術をお考えの方は是非ご覧ください。
なんでサロンは何回も通うの?
なんでサロンは何回も通うの?主な要因は毛周期が大きく関係しているのです。さらに、脱毛サロンによって施術回数は違い、施術するマシンの性能や効果が脱毛サロンごとに違うからです。脱毛専門サロンに複数回通うには理由があるのか内容が分からない方は是非参考にご覧ください。